任意整理の依頼は弁護士と司法書士のどちら?

任意整理の依頼は弁護士と司法書士のどちら

任意整理の依頼は弁護士と司法書士のどちらにすればいいのか?

任意整理は弁護士か司法書士に依頼するのが一般的です。

 

では、弁護士と司法書士のどちらにすればいいのでしょうか?

 

じつは、私もどちらにすればいいのか、迷いました。

 

答えとしては、弁護士と司法書士のどちらでもいい、ということになります。
しかし、整理する借金の額が大きい場合は、弁護士のほうを選択しましょう。とくに、過払い金があり、その請求額が140万円を超える場合は、迷わず弁護士を選択したほうが無難です。

 

私の場合、結局、司法書士に任意整理を依頼しましたが。なんとなくですが、弁護士では敷居が高い、なにか大事(おおごと)のような気がしたからです。司法書士のほうが依頼しやすかったといえます。
また、任意整理にかかる費用が、弁護士に比べて司法書士のほうが安かったから、というのもあります。司法書士の事務所のほうが、安いところが多いです(もちろん、司法書士の事務所でも費用が高いところはあります)。
ほとんどの人は任意整理の費用は後払い・分割払いにすると思いますが、払うことには代わりありません。安いほうがよいわけです。もし、あなたが任意整理をするのであれば、安い事務所を探したほうがいいでしょう。

 

 

 

借金を抱えて任意整理をしようとする場合ですが、もしも専門家に手続きのすべてを依頼するのであれば、その相談先としては、弁護士や司法書士が考えられます。
この両者には明確な守備範囲の違いがあり、弁護士は基本的に法律にかかわる事務のいっさいを引き受けることができることから、任意整理にあたるような法律上の示談のほかにも、訴訟の代理などもしてもらうことが可能です。
いっぽうの司法書士ですが、裁判所や法務局に提出する書類の作成が本来の業務であるため、不動産登記の申請の手続きを代行してもらうといった場合には使えますが、任意整理の場合には少々注意が必要となります。法務大臣が定める研修などを受けた認定司法書士とよばれる特別な資格をもった人だけが、140万円を超えない債権額の場合に限って、任意整理の手続きを代行したり、これにともなう相談を受けたりすることができることになっています。
そのため、債権額が高額であってこの規定を満たさない場合には、報酬の金額がかなり高くなってしまうものの、弁護士のほうに依頼をし、逆に債権額が少額である場合には、認定司法書士に依頼をして、できるだけ報酬の金額を安くすませるというのが、良い使い分けの方法といえます。


ホーム RSS購読 サイトマップ